プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

UI研究の道 〜クロスホットバー編〜

やっはろー

 

UI研究家の卵、ちぃです

 

エオルゼアのUI(ユーザーインターフェース)って本当に奥が深い。

どれだけ深いかって開発陣も踏まえて全てを把握している人が果たして何人いるのだろうと思うくらい深いです。

 

 

そんなわけで今回はパッドで冒険をする上で欠かす事の出来ないクロスホットバーについて、まとめておこうと思います。

 

※ちぃはPCでのパッドがプレイ環境になります。PS4の方、PCでもキーボードとマウスを使用されている方とは色々と違いがあると思いますのでご了承ください。

 

前回の現在のUIを紹介した際にも触れた通り、現在のちぃはWXHB(ダブルクロスホットバー)を使用しています。

 

 

WXHBを常時表示してこんな形で並べています。

 

 

 

さらにはWXHBが実装される前からあった拡張機能も使用しているのでページの切り替えをする事なく、3つのページのボタンを押す事が出来るようにしています。

 

てこれだけ書いてもどうやっているの?って話なので一つずつ設定してみたいと思います。

 

同じようにやってみたい、一部だけでも流用したいって人がいたら参考にしてみてください。

 

 

まずこちら、

 

 

パッドモードにした時の初期設定のままだとこうなりますね。

 

この状態ではWXHBも拡張機能も使っていないので、使えるボタンは16ボタンのみ。多種多様のスキルやアクションを誇るエオルゼアの世界ではまったくもって足りません。

 

WXHBと拡張どっちから設定してもいいんですが、今回は拡張機能の方から設定してみようと思います。

 

 

まず前提としてクロスホットバー関連の設定は「キャラクターコンフィグ」の中の「ホットバー設定」の中で大半の事が行えます。

 

 

拡張設定もこの中で行います。

タブ「XHBカスタム」の一番上、「ホールド操作拡張設定」というのがそれ!

 

 

表示セットの右にあるのが、どのページを表示するのかという設定になります。

ボクの場合はそれぞれ3ページ目を左右に振り分けて使用しています。

 

使用するだけであればこれだけの設定で使用出来ます。

 

 

現在はPvE設定とPvP設定を分けて設定する事も出来るので、PvPに行く時はいらない!なんて事も設定出来るのが良いですね。

 

 

続いてWXHBの設定です。拡張機能と似ている部分も多いですが、違う部分もあるのでしっかりと見ていきましょう。

 

まずWXHBを有効にする必要があります。

これは先程拡張設定を設定したすぐ下にありますね。

 

設定のやり方は拡張設定と同様ですが、拡張設定にはない設定が一つあります。

それが

 

 

 

これは必要なボタン数に応じて変更するといいかもですね。ボクは方向キーも有効にしています。

 

ただ使用するだけならこれだけなのですが、WXHBはさらに細かな設定をする事が出来ます

 

タブを切り替えて「XHB基本」ページの一番下

「ダブルクロスホットバー表示設定」という箇所

 

ここでは、WXHBの表示について細かな設定が出来ます。

ボクは常時表示なので一番上は有効、自動復帰はボタンを連打してしまう性格上無効としています。

 

そしてここで一番大事と言えるのが3つ目の設定。これを無効にすると

 

WXHBの初期表示位置である、XHBの上側に表示されます。これでも良い人は無効にしたままでもいいと思いますが、ボクはここを有効にしてます。

そして表示位置の調整は書いてある通り、HUDレイアウトモードで設定する事になります。

最後の設定はボクが無効にしている自動復帰までの時間の設定ですね。

 

 

最後に表示位置を別で設定する場合はHUDレイアウトでWXHBの位置を調整すれば、完成です。

 

 

これでどちらも設定する事が出来ました!

 

 

一つ一つの設定が細かな分微調整は必要ですが、一度出来てしまえばかなり快適に使用する事が出来ます。

 

 

 

多少の慣れは必要ですけどね。

 

 

それではまたの機会に

 

ではではーっ


コメント
コメントする