プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】エスティニアンの設定的な意味での強さについて【世界観考察】

やっはろー

 


考察大好きなちぃです。
 

今回は紅蓮以降も節々で活躍(暗躍)しているエスティニアンについて強さに考察していきます。
例の如くネタバレ満載の内容で、比較的新しい内容にも触れる事になるので気になる人は最低でもメインシナリオを最後まで進めた上でご覧ください。

 

この前の日本ファンフェスのPLLの後半、世界設定兼シナリオライターの織田さんのスペシャルトークセッションの中でも話題になってましたけど、エスティニアンの強さってヒカセンとは別ベクトルの意味で異次元だと思うんですよ!

 

初めて登場した新生時点ではまさかここまでの強さを発揮するキャラになるとは思いませんでしたが、蒼天、紅蓮という時の流れを経て単純な戦闘力的な意味合いで強くなっているのが明確に分かりやすいキャラクターなのではないでしょうか。

 

 

エスティニアンって暗躍しているというか基本的にヒカセン視点で描かれるメインシナリオでは特に紅蓮以降意図して登場させていないレベルでその姿ってあまり高い頻度では描かれないわけですが、その分登場すると規格外の事をやってのけるわけですよね。
 

例えば紅蓮メインシナリオでのカストルム・アバニアの大砲の破壊。あれをたった1人で成し遂げているわけです。
 

あれには帝国軍はもちろん、同盟軍も全力で疑問を持つレベル!
色々最前線に立たされる機会の多いヒカセンにすらそんな事は頼みません。
それだけ想像のナナメ上の行動だったと言えるでしょうね。

 

エオルゼア公式のサイドストーリー紅蓮秘話で描かれている事を参考にするとこの時のエスティニアンは追悼の旅の途中。神龍の核となった邪竜の目を追いかけていたわけです。
しかもその身に包むのはフレースベルグから与えられた竜と人が融和していた時代に作られた鎧「アイスハート」その手にはニーズヘッグの影になった時に変異した魔槍ニーズヘッグ。まさに竜の力を全身に包んでいるわけですね。

 

 

そしてそんな竜の力の化身とも言えるエスティニアンの強さが垣間見えたのが今回のメインシナリオ。ゼノスと対峙しているヒカセンが謎の声(cv内田雄馬)に意識を引っ張られたせいでやられそうになっている所を救出したのがエスティニアンという事なんですけど、これって考えてみたら凄い事なんですよ。
 

あのゼノスはリセ、ヒエン、ユウギリが3人がかりで相手にしても余裕で戦える程の強さを発揮しています。
しかもリセ達3人も最初から勝つ気がなく、ヒカセンが来るまでの時間稼ぎが目的。それだけゼノス個人の戦闘力が高いということは明白なわけですよね。

唯一対等に戦えたのがヒカセンと考えると現時点で登場しているNPCではゼノスがまさに最強の存在でしょう。
 

そんなゼノス相手に、ヒカセンを救出に入り退却するどころか撤退すら決断させてしまうのが今のエスティニアンなわけですよ。
少なくともリセ達の事は気にも止めなかったゼノスの意思を変えさせるだけの力は持っているのがエスティニアンなんです。

 

表立った戦闘こそ描かれていないですがこれだけで十分に今の強さを計り知れるのではないでしょうか。
 

元々ヒカセンとゼノスの強さって言ってしまえば光の加護の強さ(ハイデリンの強さ)とアシエン的な強さ(ゾディアークの強さ)なわけですけど、エスティニアンの強さはそもそも起源はハイデリンの外にあるとドラゴンの力なのでまさに別ベクトルの強さを持っていると言えるのではないでしょうか。

 


エオルゼアのシナリオはどうしてもヒカセン目線の物語なので描かれにくい部分もありますけど、漆黒以降も要所要所で活躍出来るだけのポテンシャルを持っているのがエスティニアンと言えるのかもしれません。それだけに今後の扱いに困りそうなキャラクターでもあるわけですが。
 

それだけの強さを持っていながらシナリオに絡んでこないという事もあるんですかね。紅蓮以降敢えて別に歩んでいるのでそういう路線は継承するとは思うんですが。
 

漆黒以降、エスティニアンがどうシナリオに絡んでくるのか、またその強さを発揮するような場面があるのか!要注目ですね!
 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック