プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

エオルゼアに帰れなかった理由【懺悔】

やっはろー

 


エオルゼアに姿を見せなかったちぃです。
 

この2日、全くと言っていい程エオルゼアに現れていないんですよね。


特にLSで一緒のフレンドさんならなんとなく思っていると思いますがボクがエオルゼアに1日現れないって本当にないんですよ。
このブログを始めてからだとおそらく記事にもした四国旅行の時くらいじゃないでしょうか。

 

もちろん人が多く集まる時間にはいなかったけど夕方ログインしてたとかってタイミングもあったりするので偶然タイミングが合わなかっただけという事もあると思いますが、、、挙句の果てに昨日の記事もやっつけのような内容で、、、


息をするようにエオルゼアに住んでいるちぃが2日も姿を見せず元々低空飛行モード宣言をしているのだからさぞかし忙しかったのだろうと思ったフレンドの皆さん。
 

ごめんなさい、懺悔します。
 

実はこの2日間、久しぶりにしっかり時間がありました!
 

それこそ2日間丸々何もしなくても良いっていつ以来だろう。とは言ってもこの2日が終わった後また忙しくなるのも分かっているのでどうやって過ごそうって考えていたんですよね。
 

結論が「何も考えずに過ごそう」です。エオルゼア式に言えば感情に任せて行動しようとなったわけですよ!
 

ご飯も寝るのも好きな時間に……時間に追われない2日間を過ごすつもりでいました。
 

結果やっていた事は……無闇につけてしまった積みゲーです。
 

それだけ!
 

結果としてご飯も寝る事も忘れて2日間(正確には1日半)ずっとプレイしてました。
 

もうね、ここまで来ると基本的にはエオルゼアの事を書いていこうと考えているこのブログでも紹介しないわけにはいけないなと思ったくらいには熱中してましたね。
 

というわけで懺悔(と紹介)も兼ねて今回ちぃがドハマリしたゲームを紹介しておきます。
 

 

スウェーデンはパラドックスインタラクティブ社が発売する歴史シミュレーションゲーム「ヨーロッパユニバーサリス4(通称EU4)」というゲームです!
近世ヨーロッパを舞台にしたシミュレーションゲームでその時代に存在した地球上に存在したあらゆる国を統治するというゲームです。

 

もちろん日本も存在していて時代的には戦国時代の幕開け寸前から、時代を合わせればば有名な戦国大名でプレイする事も出来るゲームです。本当に簡単に言ってしまえば世界版信長の野望みたいなゲームですかね。
 

元々ちぃはコンシューマゲーマーで中でも歴史ゲーが好きなんですがこの会社はそういう歴史ゲームばっかり作ってる会社です。シミュレーションの性質的にPCゲーがメインではあるんですが。
 

今はダウンロード販売も多くてsteamのようなベース環境もあるのでこういう海外のゲームでも購入しやすいのが良きですね。

そんなわけで以前にsteamのセールを利用して購入したんですが、なかなかプレイ出来ずここに至ったんですよね。
 

そんなわけで今回このEU4でプレイできるおよそ400年の歴史をプレイしきるという事をやってました。
 

いやね、購入する前に見た解説動画で見ていたんですけど電子ドラッグですよ、パラドゲーは。本当に辞め時もなく寝食忘れて駆け抜けてしまいました。
 

これは帰ってこれなくなる奴です。逆に言えば1日半で終わって良かった。まだ脳内は少し取り残されてますがなんとか振り払って日常に戻ろうと思うですよ!
 

もしEU4に興味のある人は色々調べるか、ぜひちぃに話しかけてください!喜んで色々話します。
 

そんなわけで懺悔と言いながらがっつり紹介でした!
 

今夜からはまたエオルゼアに戻っていくのでご安心ください!
 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック