プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PR

【FF14】ライバルウィングズ入門!歩兵編

やっはろー

 

日々ヒドゥンゴージに通い詰めるちぃです。

 

何回かに分けて、これからライバルウィングズに行こうかな、行ってみたけどよく分からなかったという人向けに何回かに分けてルールとかを解説してみようと思います。2回目は歩兵編です。


全ジョブの立ち回りは流石に書けませんが、各ロールについて、全体的な動きについて書いていこうと思いますよ!

例の如く個人的な意見が多分に含まれているのであくまでも一例として見ていただければと思います。

 

 

○敵を集中して狙う方法
ライバルウィングズのようなヒーラーもいるPvPにおいては同じ敵を狙う事がとても重要になります
特にライバルウィングズの場合遮蔽物などもないので極力同じ敵を狙っていかなければなかなか倒す事が出来ません。

マーカーを使い同じ敵を狙う事を心がけましょう!

マーカーの使い方はフロントラインと同じなのでこちらの記事をご確認ください!


○PT内での役回りについて
決められるのであれば事前に誰がロボに乗るのかは決めておいた方がスムーズに行動できます。
ロボに乗るメンバー以外は基本的に南北のレーンのいずれかに行く事になりますが、特別な理由がない限りいずれかのレーンに固まっていく方が良いです。

それぞれのジョブに味方にも効果を及ぼすようなスキルがありますが、それらはPTメンバーでなければ恩恵がないからです。

 

 

○ヒーラーの役割
ライバルウィングズのようなPvPコンテンツにおいてヒーラーの役割はとても大きいです。
特にライバルウィングズではPTメンバー、アライアンスメンバーに加え、マトンをヒールする事もできます。マトンはあんな見た目ですが、敵のオブジェクトまで運ぶとけっこうなダメージを与えられるので前線を決定づける要素になりやすいです。

なので味方メンバーをヒールしつつ余裕があればマトンもヒールして少しでも前線奥深くまで運ぶ事を意識する事をおすすめします。

あくまでも個人的な意見ですが、ヒーラーは攻撃している余裕がないはずなので攻撃よりもヒールに徹する事を意識すると良いと思います!


○誰がロボに乗るべきか
これは意見の分かれる部分だとは思いますが、宣言等がないのであれば基本的にPT内に複数いるロールのどちらかが乗るのがベターだと思います。

ただロボに乗るのに慣れている慣れていないはあると思いますので、事前に乗りたいという宣言があるのであればおまかせするのが良いです。

ただ一人しかヒーラーがいないのにそのヒーラーがロボに乗っているようだとそのPTのメンバーのヒールは全て他のアライアンスヒーラがする事になるので負担が増えます。

ヒーラーは極力ロボには乗らないのがおすすめです。


○個人成績よりも勝利を!ゾンビアタック上等!
ライバルウィングズとフロントラインの大きな違いの1つがデスした後復活するまでの時間が伸びない事にあります。

フロントラインは死ぬ度に時間が伸びていくので極力死なないように立ち回る必要がありましたがライバルウィングズは復活までの時間はどれだけ死んでも5秒で固定されています。

その為、特に守勢な状態でロボにどんどん押されている時などはゾンビアタックをするつもりでロボの足元に入って攻撃していく方が結果としてロボを早く倒し切る事が出来ます。

 


というわけで歩兵について色々書いてみました!実際にはこれらの行動に加えてギミックの対処もしていく必要があるので歩兵は戦場を所せましと走り回る必要があります。

少しでも有利に試合を進めてロボット、ギミックを有効活用出来るようにしておくのがおすすめです。


ではではーっ


スポンサーサイト

  • 2019.08.06 Tuesday
  • -
  • 18:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック