プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】エオルゼアのストーリーをより深く楽しむ方法【愛用の紀行録】

やっはろー

 

シナリオ大好物のちぃです。

 

唐突ですがエオルゼアのストーリーって本当に考えられている!

メインストーリーはもちろんですが、サブストーリー、ジョブクエスト、各種実装コンテンツのシナリオ等々、本当にシナリオが絡むものが多いのがエオルゼアの1つの特徴だと思います。

 

紅蓮まで進んだ現在、相当量のボリュームのシナリオがあり、それぞれにキャラクターが登場していたりするのですがそこで1つ問題になる事があります。

 

エオルゼアの世界はMMORPGであって多数のクエスト等があってシナリオが一本道ではないんですよ。分かりやすい例で言えばジョブクエストがそれで、少なくともレベルを上げた事のあるジョブクエストしか知らないのではないでしょうか?

 

それ自体がもったいない!という話はここでは置いておいて……

そうなると人によってとある違いが生まれます。それは先々にあるクエストで他のクエストで既に登場しているキャラクターと絡む際のセリフ回しです。

 

ジョブクエストで既に会っているのに、その後に実装されたメインシナリオに登場した際に「はじめまして」では変ですよね?かと言ってジョブクエストはそのジョブをやらなければ見れないクエストなので、実際に「はじめまして」の状態でそのシナリオを見る事になる人がいるのも事実です。

 

そこでエオルゼアでは、その条件に合わせてシナリオ内でのセリフが変化するようになっています。

 

分かりやすい例をいくつか紹介すると……新生時代のエスティニアン、さらには蒼天編でのアリゼーの合流などのシーンがそうです。

 

 

蒼天編のメインシナリオで共に旅をしたエスティニアンですが、エスティニアン自体は既に新生編から登場していました。登場していたのは竜騎士のジョブクエストです。ジョブクエストは2.0で実装されているので竜騎士のレベリングをしている人は既にこの時点でエスティニアンに会っています。

 

そしてメインシナリオが進み、アイメリク卿との会談の場でエスティニアンが登場。ここで紹介されるわけですが、ここでのセリフが「竜騎士のジョブクエストをやっているかどうか」で変化します。まさに上記の「はじめまして」の例ですね。

 

 

さらに蒼天編のアリゼーはさらに大きく異なります。アリゼーは新生編ではあまり登場していませんでしたが、大迷宮バハムートでは重要なキャラクターです。大迷宮バハムートを進める中でヒカセンと絆のようなものも生まれています。

 

そんなアリゼーが蒼天編で合流した際に「はじめまして」じゃやっぱり違いますよね。

なのでここでもセリフが変化します。

このアリゼーのセリフ変更については当時のPLLでわざわざ吉田が公言し、「今のうちに大迷宮バハムートをやっておくと良いよ」と言うほどでした。

 

それだけエオルゼアには細かい部分でシナリオの違いがあるんです。

 

でも特に今からエオルゼアの世界に降り立つ人にとってはまずはメインシナリオを最新までとなるのは自然の流れです。

 

でも実際思いません?「この時、先に条件を満たしていたらどうなるんだおろう」って

それを叶えてくれるのが「愛用の紀行録」です。

愛用の紀行録自体は元々既に見たカットシーンを見直す為のアイテムとして宿屋とハウジングの家具として実装されていました。

しかし愛用の紀行録を持ってしても「見ていないカットシーンは見れない」仕様だったので後からセリフ回しが変わる条件を満たしてもダメだったんですよね。

 

 

それが少し前のアップデートの中で選択式になりました!チェックボックスを入れて見ると条件を満たした状態のカットシーンを確認する事ができます。

 

 

これ以外と気づいていない人が多いようなんですよね。

愛用の紀行録のクエストリストを見ると分岐のあるものには専用のマークも付けられています。

 

どうしても早くみんなと遊びたいという思いからメインシナリオは駆け足がちになってしまいがちなのがMMORPGであるエオルゼアだと思います。

 

もしスキップしてしまったカットシーンを見たい、あのカットシーンには別パターンもあるらしいと話を聞いたらぜひぜひ愛用の紀行録を確認してみてください。

 

 

最後に、できる事なら手隙の間に過去のコンテンツもクリアしておく事をおすすめします。後から見返す事ができるとはいえやはり臨場感という意味ではリアルタイムに変化していた方が良いと個人的に思います。

 

あくまでもより深くシナリオを楽しみたいなら、ですけどね!

シナリオ推しのボクの意見です。

 

愛用の紀行録の活用、そして過去のコンンテンツクリア!

ぜひぜひやってみてはいかがでしょうか?

 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック