プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PR

【FF14】未知・伝説・刻限についてまとめてみた!【ギャザクラ】

やっはろー

 

忘れられがちですがギャザクラ勢のちぃです。

 

前回の蒐集品がけっこう反響頂きました!

あくまでもこのデーターズはちぃの経験則がベースで、ちぃがプレイした時期の印象なので現在の印象とは少し違うのかもしれません。そこの所は1つご理解ください!

 

という前置きをした上で今回は、ギャザラーの時間制限採集未知・伝説・刻限の採集場について紹介していきますよ!

 

 

色々似ているようで少しずつ違う物なのでしっかり理解しておかないと、いざ行ってみて採集出来ない!なんて事にもなりかねませんかね。

 

 

○基本的な共通点

まずは3種の共通点について!

 

採掘と園芸の場合それぞれの採集場は、通常のいつ行っても採集できる場所と違い、特定の時間にのみ採集が出来る場所の事を言います。

 

特定の時間というものは場所ごとに設定されており、全て「エオルゼア時間(ET)」で決まっています。

 

具体的な時間については各所まとめてくれているサイト様があるので割愛しますが、長めのものは特定の時間からET時間で4時間程、短いものは1時間しか採集できる時間がないなどバラつきがあります。

 

その為、基本的には時間の少し前には移動しておき、採掘場が現れたら採集するという流れになります。

 

この事からETに縛られた動きを余儀なくされるので、未知・伝説・刻限の採集を行う事を別名ET奴隷」と呼んだりします!

 

また注意点として、1度採集場にアクセスした後に閉じてしまった時点で採集回数が残っていても採集できなくなってしまいます。

 

GP回復アイテムを使う必要があるなら、アクセスする前に使うようにしましょう。

 

○基本となる未知の採掘

3種の中でそのベースにあるのが未知の採掘です。未知の採掘は上記で紹介した時間の縛りの強さ以外にはそこまで大きな特徴はなく、装備さえ整っていれば採集が可能です。

 

新生時代からあるものなのでそれぞれ506070と採集できるものが増えていきます。

 

リテイナーで採掘師や園芸師を育てていれば採集可能になっているアイテムも多く(ただし最新のアイテムは除く)、集める事自体はそこまで難しくありません。

 

 

 

○新式を作るなら必須?伝説の採集場

伝説の採集場は蒼天時代から追加された未知の採集場の上位版です。

 

基本的な事に関しては未知と同様ですが、伝説の採集場はレベルを上げただけでは出現するようになりません。

 

それぞれのエリアに対応した「伝承録」を持っていて初めて出現するようになります。

 

伝承録は各地にいるスクリップ交換者から入手が可能で、各エリア、各ジョブごとに交換する必要があります。交換した時点でそのエリアの伝説の採集場が出現する形です。

 

もちろん未知の上位版なので、それぞれの指定時間にならなければ出現せず、未知に比べて時間が短い場合が多いです。

 

最近では新しい装備を作る時の素材なんかは大抵この伝説の採集場を巡る事になりますね。

 

また最新の伝説の採集場はその時々の最新のギャザラー装備を揃えてある程度マテリアをハメていないと全然採集できないくらいのステータスの高さを求められます。

ギャザクラを進めたいと思うなら避けては通れない道です。

 

 

○異端な存在!刻限の採集場

今回紹介する中で同じく分類してますが異端と言えるのが刻限の採集場!

 

刻限の採集場も1度採集すると消えてしまうんですが、必ず近くに通常の採集場が用意されていて、3塊(蒼天・紅蓮の通常の採集場は同じ素材が取れる採集場が全部で6か所、2か所ずつが近くにあるイメージなので3塊)のうちの2塊に触れると刻限の採集場が復活するんです!

 

意外と見逃しがちなのがこの復活作業、通常の採集場では実際に採集までする必要はないんですよね。一度何を採集するかを選ぶ画面さえ開けば判定されるので、2か所に触れて回る、刻限の採集場で採集という流れを繰り返す事になります。

 

また刻限の採集場は、時間がETで開始時間から4時間に固定されているのでその間なら上記の動作を繰り返せば繰り返し採集が可能です。

 

余談ですが、刻限の採集場では精選するとクリスタルになるアイテムを稼げるのでクリスタルがいっぱい欲しい時におすすめですよ!

 

 

○未知・伝説・刻限を多く稼ぐ方法

全ての素材に当てはまるわけではありませんが、実装されてから期間の空いた素材なんかはこれらで採集するのとは別に採集場所が用意されていたりもします。

 

代表的なのは他力本願ではありますがリテイナーベンチャー!

既に60までの素材ならほぼ全て採集してきてくれるようになっていますし、70の素材もいくつかは追加されています。

採集リテイナーベンチャーは依頼する際に1度自分で採集している必要があるので完全に任せきりではありませんが行かせられるようになれば他事をしながらでも稼ぐ事が出来ます。

 

もっと大量に稼ぎたいなら……空島探索がおすすめ!

空島では未知素材とかが通常の採集場のように集める事が出来ます!環境さえ整えば一番快適に集める事ができますね!

 

 

ET奴隷になるならタイマーがおすすめ!

やり方や準備の段階でいくつかの違いはあるものの、基本的に決まった時間に各地を巡る事になるのがこれらの要素、どこに何時にってなかなか覚えていられないもの!

 

そんな時に便利なのが最近実装されたタイマーです。

 

以前にも記事にした事があるのですけど、エオルゼア時間って基本的にはリアルタイムとある程度法則があって連動しているんですけど、実際には少しずつズレていくので通常のタイマーでは計りにくいんですよ。

 

なのでこれまではそれぞれエオルゼアのデータをまとめてくれるサイトなどにあるエオルゼア時間のタイマーを使う必要があったんですけど、エオルゼアにもタイマー機能が実装されてこれが思いのほか使いやすい!

 

ET時間に設定出来るし、リピート出来るし、マクロ化も出来てとまさにエオルゼアで使う為に作られた機能ですね!

 

 

ET奴隷になるなら!ぜひこちらも抑えておきたい機能です。

 

 

というわけで今回は以上です!

 

 

未知・伝説・刻限に関してはギャザクラを自分でやって新式を作れるようになりたい!という人や新式素材を自分で取って稼いでやるぜ!って人には避けては通れない道なので、ぜひぜひ押さえておきましょう!

 

 

ではではーっ


スポンサーサイト

  • 2019.08.06 Tuesday
  • -
  • 20:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック