プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】ミード社員秘話〜謎多き3人〜【職人の冒険秘話】

 

 

前の話へ.png目次へ.png

 

女子会になった日の翌日、ココンは業務開始前の会社で目を覚ました。

今日にはまた商隊を護衛しながらウルダハに戻る事になっている。

 

それでもココンの頭の中は昨日から話していた「何故社員になったのか」という話が妙に残っていた。

 

「お、ココン。おはよう」

 

女子部屋から出たココンはルガディン族のトシントルーグに出くわした。社内の何でも屋状態であるトシントルーグはココンからしても経歴が謎な1人である。

 

昨日、ココンは女子達から話を聞いてぼんやりとイメージ出来るなと思った。ココンが出会った頃、入社した頃から仕事の出来るグレースやキルルはチスイが仕事が出来るからとスカウトした者。ランドウやヴァ・ルビはどちらかと言えば結果的に入社したという形であって、元から仕事が出来たというわけではない。現在もそのイメージ通りに仕事をしている感じがする4人だった。

 

 

対してトシントルーグは分からない。社内で頼まれ事を器用にこなしているのはよく見かける。が決して仕事が出来るタイプには見えない。何より冒険者としての目も持つココンからすればトシントルーグには生傷のような目立つ。入社前にはきっと荒事をしていたのだろうと思える。

 

「なんだ?顔になんかついてるか?」

 

そんな事を考えながらジッとトシントルーグの顔を見ていたココンにトシントルーグは首を傾げる。

 

「あのね、トシントルーグってなんでこの会社に入ったの?」

 

ココンは挨拶も忘れて疑問を口にする。トシントルーグからすれば唐突過ぎる質問に彼の頭の上にはハテナがいくつも浮かぶ。

 

「なんでそんな事聞くんだ?」

「昨日ね、キルルさんとかルビちゃんに聞いたの。だから他の人はどうなのかなって」

「なるほどなぁ。でもあんまし面白い話でもないぞ?」

「聞きたいの!」

 

ココンの訴えにトシントルーグは困惑した。どちらかと言えばココンの突拍子もない疑問に慣れている昨日の面々に比べてもトシントルーグはココンにまだ慣れていない部分もあるのであった。ただトシントルーグにも分かるのはこれは話さなければ解放してもらえそうにないという事である

 

「そうだな、どこから話すべきか」

 

トシントルーグは頭を抱えながらどうしたもんかと考える。普段そこまで自分から話さない事も拍車をかけて難しくしていた。

 

「最初はけっこう小さい頃から海賊やってたんだ。オラァ両親どっちも海賊でよ。だからそれが当たり前だったんだよな。で、両親も引退して独り立ちした頃に、メルウィブ提督が提督に就任して海賊禁止令を出した。オラのいた海賊団は入植者になったんだけど性に合わなくてな、冒険者になったんだよ」

 

海賊、冒険者と聞いてココンは納得した。トシントルーグの生傷もそれらの中で生まれた物なのだとしたら合点がいく。

 

「でそれなりに冒険者として経験を積んだ頃だ、社長に出会ったのは。そんときはクリスタルブレイブって組織の勧誘を受けたんだよな。そんときは参加しなかったんだが、縁あって交流が生まれた。いくつか一緒に依頼もこなしたよ。最後になったのがアラミゴ解放軍への協力だった。珍しく社長の方から声がかかって協力する事になったんだけどな。そこで帝国軍の襲撃を受けて足をヤっちまったんだ。あの戦いで足だけで済んだんだからマシだとも言えるんだけどな」

 

その襲撃の話はココンもチスイから聞いていた。突然帝国軍が当時アラミゴ解放軍が本拠地としていたラールガーズリーチを襲撃。アラミゴ解放軍や協力者となっていた冒険者達に多くの死傷者を出し方針転換を余儀なくされたという話だ。

 

「戦えなくなったら冒険者としちゃ致命的だからな。別に仕事を探そうとした時に社長からこの会社に来ないかと誘われたんだ。口にはしなかったが声をかけた責任を感じていたんだろうよ」

 

似たような話はココンも耳にする。冒険者は身体が資本。現にココン自身、冒険の中で知り合い怪我で冒険者を辞めたフスンを社長に紹介した事がある。同じ冒険者としてやはり思う所はあるのだ。

 

「とまぁこんな感じなんだが、いいか?」

「うん、ありがとー。あ、それとおはよう!」

 

トシントルーグの話にココンは満足するとそこで思い出したように挨拶を返した。

 

「おう、ココンも身体には気を付けろよ!」

「そうするーっ」

「おはよう。なんの話だい?」

 

姿を見せたのは既にしっかりと服装を決めているデューンクリフだった。トシントルーグもココンから見ればかなり年上だが、デューンクリフはトシントルーグよりもさらに年が上、ミードでも間違いなく最年長だろう。バリバリ現役だが、初老と言っても差し支えない年齢には達している……とココンは思っている。

 

というのもデューンクリフは社内でも随一の素性が知れない人物である。ちょうどココンも滞在している際にチスイが連れてきてそのまま社員になった。それこそデューンクリフという名も他ならぬココンが付けた偽名である。

 

だからこそココンが最も聞きたい相手であると同時に、最も聞きにくい相手でもあった。躊躇うココンを余所に先に口を開いたのはトシントルーグである。

 

 

「おはようデューンクリフさん。ココンにミードに入った理由を聞かれていたんだよ」

「ほう……」

 

ココンはデューンクリフの表情を伺う。分からない事は聞きたい性分のココンだが、偽名まで使っていて後ろ暗い部分があるのが分かっている相手にまでズケズケとは聞けないのがココンであった。

 

デューンクリフはココンを見て、フッと笑った。

 

「これはワシにも聞かれるのかな」

「う、うん。良ければ」

 

ココンは恐る恐る返答する。

 

「いいだろ。トシントルーグ、先に行って今日配送する商材の準備をお願い出来るか?」

「お、おう。了解だ」

 

デューンクリフはトシントルーグを追いやり、その姿が地下に消えたのを確認するとココンに向き直る。グレース相手には怖がる素振りも見せなかったココンが少し怖気づいていた。

 

「ココン嬢の探究心は嫌いじゃないから話すが、他言はよしてくれよ?」

「は、はい!」

 

思わず敬語で答えるココン。にデューンクリフは再び笑顔を見せた。

 

「そう、構える必要はない。あまり話されても何より社長に迷惑をかけてしまうのだ」

 

ココンはチスイの名にハッとなった。チスイを持ち出された以上、ココンも他言はしまいと心に誓う。

 

「ココン嬢がどこまで察しているかは分からぬが……ワシは元々は帝国軍におった。出身は属州だがな」

 

ここまでだけでココンはそこまで過剰に他言無用を言にする意味が分かった。元帝国兵なんて素性は、決して穏やかではない事情しかないのは目に見えている。

 

「ワシは第X況鈎弔暴蠡阿垢覽算佞如長い事属州内地で兵器製造に携わってきた。それが軍団長がアラミゴ属州統治者に就任するとほぼ同時期にバエサルの長城勤務に移った。長い徴兵期間の中でも国境付近への配属は初めての事で抜けだすチャンスだと思って機会を伺っておった所に鉄仮面率いる部隊が襲撃をかけてきよった」

 

ココンは鉄仮面による襲撃事件の顛末自体はこれまたチスイから伝え聞いて知っている。あちらもまた悲惨な事件であった事は話に聞いただけでのココンでも十分に想像が出来た。

 

「ここぞとばかりに脱走したまでは良かったんだがな。その後の騒動で逃げ出した黒衣森は厳戒態勢が敷かれてとても動ける状態では無かった。そんな折だな、社長に出会ったのわ。今思えばとんでもないタイミングでの出会いだったと言える。ワシは諦めて投降するつもりで社長に自分の事を洗いざらい話したんだがな、社長はワシの魔導技術に興味を持った。自分の立場もあるだろうに、ワシを匿い、黒衣森を抜け、ザナラーンを抜けてここまで連れていた。後はココン嬢も知っての通りというわけだ」

「……ちぃたん」

 

チスイの突拍子も無さはココンも充分に理解している。突然連れてきたという意味では他にも似たような社員はいるし、会社以外の部分でも思わず声を上げて驚きそうな事を平然と行っていたりする。そんなチスイだからこそココンは話を聞くのが好きだし、冒険者となってからは、そんな突拍子の無さを持っているチスイだからこそあれ程に活躍出来ているのだろうと思う。

 

「ワシの話はここまでだが、これで納得できたか?」

「うん、ありがとう」

 

ココンは納得してデューンクリフと分かれる。離れていくココンの背中を見つめながらデューンクリフは三度笑みを浮かべた。ココンの行動はまさにデューンクリフの狙い通りであった。

 

デューンクリフからしてみればココンの探究心はチスイのソレと同等、或いはそれ以上の物があると思っている。だからあの場で話すのを渋ればより深くあれこれ聞かれると判断し、表面的な部分だけをざっと流して話す事で納得させた。実際に言葉には出来ない部分、本当に口にしたらマズい部分も多い。それほどまでに危険な橋を渡ったチスイを裏切る事など出来ようはずもないのであった。

 

 

デューンクリフと別れたココンはいよいよ出発の為の準備に入る。戦闘服に着替え、ウルダハに向かう準備を進める。まだまだ話を聞きたい所ではあるが、そうもいっていられない。どんなにお話し好きなココンでも仕事の時は仕事でしっかりするからこそある程度の自由も許されているのだと思っている。

 

準備を済ませたココンは社長室に向かう。チスイがいない事は分かっているがカルル・カルには挨拶していかねばならないからである。多少仕事モードに入って丁寧になった口調でココンが社長室を覗くとカルルは書類整理をしていた。

 

 

「失礼します!カルルさーん、いますかーっ」

「ココンさん、お疲れ様です。護送よろしくお願いします」

 

顔を上げたカルルにココンは頷いて答える。挨拶はほとんどこれだけだ。ココンは本社勤務ではない社員の中では本社への出入りが最も多い社員でもある。冒険者として護送で訪れる事も多く、プライベートでチスイに会いに来る事もある。だからこそその業務的なやりとりはそこまでしっかりと行わなくてもそれぞれの意図を汲み取れるようになっているのだった。

 

いつも、チスイがいない場合ならこのまま出ていくのだがココンはそのまま足を止めてカルルを見つめていた。

 

出発までもう少し時間に余裕がある。カルルにも入社の経緯を聞いてみたいという思いが頭の中によぎったのである。

 

「どうかしましたか?」

 

まだ佇むココンにカルルは首を傾げる。しかしその表情には首を傾げているとは思えない程にまっすぐとココンを見ていた。全て知っていると言わんとする顔である。

 

「な、なんでもないです!」

 

ココンは本能的にそれを察知して社長室を後にした。聞いちゃいけない気がしたのであった。社長室を出たココンはカルルの表情を思い出す。

 

 

「また今度聞こう」

 

誰もいない中、1人自分に言い聞かせるように口にしたココンはそのまま本社を後にした。

 

前の話へ.png目次へ.png

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック