プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】これから始める禁断の地エウレカ・アネモス編

やっはろー

 

なんだかんだでエウレカを進めるちぃです。

 

なんだかんだでエウレカもチスイとクルコで進める感じになっていて、色々とプレイしてきたわけですけど、この時期になっても「これから始める」って人もけっこういるんですよね。若葉さんだったり復帰勢だったり理由は様々でしょうけど、最初の段階であるアネモス帯にもけっこう人がいるわけで……

 

そんなわけで今回は改めて禁断の地エウレカ・アネモス編についてまとめていきたいと思います。

 

初めに、今回はあくまでも所感的な要素が多く、しっかりとしたデータだったりを紹介するわけではないのでそういうデータ等を探している人には参考にならないかもです。

 

○エウレカってどういうコンテンツ?

 

 

一言でいうなら「昔ながらのMMORPGをエオルゼアの世界で再現したコンテンツ。それがエウレカです。ここで言う「昔ながらのMMORPG」というのは、雑魚敵をたくさん倒して経験値を稼ぎ、特定の条件で湧くボスを倒してを繰り返すイメージ。

 

エウレカに関してもそういうイメージをそのまま持ち込んでもらって問題ありません。もちろんエウレカ流というかエオルゼア流にアレンジはされていますが、土台にあるのはそういう雑魚を狩って楽しむって遊びです。

 

○エウレカの基本的なルール

 

 

ざっくりとエウレカのルールを説明していきます。

 

〜レベル関連〜

・エウレカでは島の外のレベルは通用せず、エウレカ専用のレベルEL(エウレカレベル)」を上げる必要がある。

・エウレカ・アネモス編の段階ではELの上限は20、その先にあるパゴス編で35、ピューロス編で50まで上がる。ただしアネモス編に入った場合EL21以上の人は全員20にシンクされます!

・エウレカ・アネモス編ではEL6以上になった状態で死亡する(正確には死亡して拠点に戻る)とデスペナルティ経験値25%ダウンが発生!さらにEL11以上で貯まっているが経験値24%以下の状態でデスペナルティを受けると、「レベルダウン」が発生する。

 

〜敵関連〜

・エウレカにいる敵にもプレイヤーと同じくELが設定されており、2以上プレイヤーの方がELが高くなると敵視しなくなる。

・敵の敵視は基本的に「視認」によるもの。なので背後を通れれば敵視されずに済む。

・例外として天候によって出現する「〜スプライト」系の敵は「魔法」を感知して襲ってくる。彼らがいる傍では、攻撃魔法も回復魔法も使っちゃダメ!もちろん蘇生も魔法なので蘇生した瞬間に攻撃が飛んでくる。

・エウレカの敵は常時フィールドにいるモブの他、夜時間(ET19時〜5時くらいまで)の間に出現する「アンデット」、エウレカ内での天候によって出現する「スプライト」系のモブがいる(後述する攻略手帳に置いてこの認識が大事)。また条件を満たすと発生する「ノートリアスモンスター(通称NM)」が発生する

・エウレカ内のモンスターは通常のフィールドのモンスターと比較してもかなり長い距離敵視したプレイヤーを追い掛けてくる。

・またそれらのモブ全てに属性が設定されており、その属性に有効な属性で攻撃すると効率的に倒せる。

 

○エウレカの効率の良い進め方〜レベリング〜

 

 

・現状効率が良いと言われているのが「攻略手帳」によるレベリング。

上記の属性モブを3種ずつ60匹(自身のEL-2の敵までカウント)、アンデットを40匹、スプライトを20匹(自身のELと同じ以上の敵までカウント)狩って経験値を稼ぐ形。もちろんアンデットとスプライトにもそれぞれ属性が設定されているので、アンデットとスプライトを優先して狩ると効率的

・攻略手帳は雑魚を倒した時に経験値が入らなければカウントされない。

・実装当時主流のレベリングだったNM!今でも効率が下がったわけではないけれど、攻略手帳の方が圧倒的。参加出来る範囲で参加すればOK

・状況次第では雑魚狩りもけっこう美味しい。

 

というのが現状のエウレカ・アネモス編でのレベリングに関しての前情報!

ここからがちぃの個人的な考え!

全体的な話

攻略手帳をする際は「スプライト」→「アンデット」→「属性雑魚」という優先順位で狩ると良い。理由は単純で、発生確率の問題と倒す数の少なさ。

 

EL1~EL9まで

ひたすら雑魚狩りをしながら攻略手帳を埋めるのが効率的!

NMは今いる場所の近くで発生した時のみ参加!

遠くのNMは参加しようとしても間に合わない事が多く、かつ間に合ってもNMは規定レベルよりELが低いと報酬も下がるのでお得な事が少ない。道中も危険なので、攻略手帳を続ける方が却って稼げる。

 

EL9~EL12まで

EL9になるとアネモス帯にある2つのテレポが使えるようになる。(もちろん最初の交感は必要)。これが出来るようになったら行動範囲も一気に広がるので、テレポ近くのNMから徐々に参加するようにする。

 

EL13~

EL12になるとEL20の人とPTを組んでも経験値が貰えるようになる(詳しくは後述)

こうなったら既に先に進んでいるフレさんと一緒にも遊びやすくなるのでここまで辿り着く事が第一関門!

EL17になるとマウントも乗れるようになるのでもう一頑張りです!

 

○エウレカでPTを組む時はEL差に注意しよう

 

 

エウレカは一応コンテンツという形式になっているのでソロでもフルパーティーでも参加が可能なんですが……

パワーレベリング防止の為なのか、EL8以上開くと双方全く経験値が貰えなくなります。唯一NMだけは経験値が入るんですけど、これだけというのもなかなか効率が悪い。

 

その為、まずはELの近い人を集めてPTを組んで、フルパ集まるようならELが少し上の敵でも戦えるので雑魚狩りをして雑魚狩りの経験値+手帳を埋めるという形でレベリングするのがおすすめです。

 

○エウレカの主な報酬について

 

 

エウレカで貰える報酬!

多くの人がこれが目当てだったりするんじゃないでしょうか。

メインとなるのが「エウレカウェポン(EW)」、新生時代のゾディアックウェポン(ZW)、蒼天時代のアルテマウェポン(AW)に続く、成長させていくタイプの武器ですね。

ベースになるのはそれぞれのジョブのアーティファクト装備(AF3)になります。

 

この武器に関してはNMに参加すると貰える「アネモスクリスタル」と「乱属性クリスタル」を使う事で強化を進める形ですね。(あくまでもアネモス編は)

 

その他、マウントだったり、髪型だったり、エモートだったり、ミニオンだったりも入手が可能ですね。アネモス編で入手可能なアイテムに関しては基本的にNMを倒した時に貰える「ロックボックス」を鑑定してもらう事で入手が可能です。

 

まぁそんな感じで、基本的に報酬を得るにはNMに参加する事、なので低いうちから参加しようとして痛い目を見るというわけですね(誰がとは言いませんが)

 

○これは絶対やったらダメ!「トレイン行為」

 

 

アネモス編に限らずやったらダメな行為No1。それが「トレイン行為」です。

どういう事かというと、自分が到底倒せない敵の敵視を取ったまま、人がたくさん集まる所に突撃する事を言います。

 

エウレカ内の敵モブ、それもEL15以降の後半の敵は雑魚でも当たり前に範囲攻撃を持っているので、これで周囲の人を巻き込んでしまうわけですね。特にNMが発生した時なんかはいち早くかけつけようとやってしまいがちです。

 

がこの行為、敵モンスターを使ったプレイヤーキルなので、立派にハラスメント行為となり、通報されれば警告を受けるレベルのいけない行為です。

 

じゃあどうするか……ズバリ死んでください。

え?死んだらEL下がっちゃうじゃんと思いますが、人が集まるところの手前くらいで死んでいればちゃんとお願いすれば起こしにきてもらえます。

ELダウンは拠点に戻ってしまった段階で発生するので気長に待ちましょう。

シャウトを使って座標を流して「起こして下さい」と言えばみんなそうしてもらってきているので起こしてもらえるはずです。

 

反対にトレインをしている人をみかけたら……見殺しにしてください。ヒーラーや赤魔で回復出来るとしてもしたらダメです。なぜなら回復すると自分もその敵の敵視を持ってしまう為です。意図的にトレインしているのだとしたら通報が必要ですがそこまでしなくても自分がトレインをしてしまわないように振舞う事が大切です。

 

トレイン状態になっている人が死に、敵モンスターの敵視が切れた事を確認したら起こせるジョブなら起こして上げましょう。エウレカでは見殺しにする事こそが優しさです!

 

 

というわけで色々エウレカについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

どうしてもこの手の多人数が同時に参加するコンテンツは、ユーザールールが出来上がっていくので順応するのが大変ですが、ちゃんと把握すれば効率良くエウレカを進める事が出来ますからね。

 

 

どうしても最新のピューロス、そしてパッチ4.5で実装される最終のヒュタトス編に行く為には避けて通れないのでなんとかレベリングしていきたいですね!

 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック