プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】基調講演をまとめてみた【基調講演in北米ファンフェス】

やっはろー

 

日々エオルゼアを走り回るちぃです。

 

さて今回は日本時間では深夜に放送された「基調講演」の内容についてまとめていましたよ!

 

基調講演の開幕は……ディザートレーラーから!

 

なんの……?そりゃ北米ファンフェスと言えば!

 

次の拡張パッケージいわゆる「5.0」ですよね!

 

 

拡張パッケージのタイトルはタイトルはSHADOW BRINGERS(シャドウブリンガーズ)日本語名では「漆黒の反逆者(ヴィランズ)」

 

今回は映像も音楽もこれまでと全く違った感じなので、ぜひ視聴する事をおすすめしますよ!基調講演では会場が北米なので英語版が流れていました。

 

 

内容に関しては……大方の予想通りというべきか……ずばり「ガレマール帝国編」ですよね!

今回いよいよついにガレマール帝国本国と直接対決する事になるようです。

 

現在のパッチ4.4のメインがとても中途半端な状態なので

 

漆黒の反逆者で重要なキャラクターとなるのが

初代皇帝ソル

そしてゼノスの顔を持つアシエン

だそうです(さらっとネタバレしましたね)

 

4.4でもかなーり大きくネタバレされていたように「ガレマール帝国編」=「アシエン編」でもあるわけです。

 

また「ハイデリンとは?」「ゾディアーク」とは?という根幹部分にも触れられる事になるようです。

 

 

また……5.0ではヒカセン(光の戦士)はヤミセン(闇の戦士)と呼ばれる事になるそうです!何故なのかはパッチ4.5で語られるという事らしいです。

 

パッチ4.5いつなのって話は明日予定されているPLLで話すという事です。

 

ここからはダイジェストで中身について!

 

○新しいジョブを「複数」追加する!(追加する情報どまり!)

しかしトレーラーには映っていたとの事です。

後述ですが、ファーマーではないとの事)

 

ここで進行のコージから……Tシャツ案件の指摘が……さてどうなるんでしょうねぇ?

 

 

○レベルキャップは80に!

もちろんアクションも全てのジョブに追加!

 

○バトルシステムにもメンテナンスを!

ホットバーいっぱいでしょ?という事でロールアクションも含めて5.0のタイミングで再整理

1例として……「MPTP」と2つあるリソースを「MP1つに統合!

ヒーラーの人に朗報!バリアヒールのバリア量が表示されるように!

 

これらはほんの一例でまだまだあるよ!

 

 

○広大なフィールドの追加!

ここでは2つ紹介!

 

・ラケティカ大森林(動画はないけどSSは表示されました!)

ちぃの印象ですが湿地帯にある森……と言った印象。さらに文明が明らかに違う遺跡なんかも登場

このラケティカにある集落は全部木の上にある!

 

・アム・アレーン(こちらもSSが何枚か)

雰囲気としては砂漠なんですけど……なんでしょう、雰囲気の近さで言えばザ・バーンのような場所でしたね。建物なんかもあったので帝国側の近郊とかなのでしょうか。

 

 

○新しい蛮族・蛮神の追加

ここでは1種族のみ紹介

・ン・モウ族(知ってるかな?by吉田)

 

その他にもピクシーやドワーフなんかもいる!

 

○多数のダンジョンを実装!

5.0の段階で9つのダンジョンを追加

 

○新しい高難度レイドも実装

よりFFらしさを追求!詳しくはまだ!

 

○新しいアライアンスレイド

リターントゥイヴァリースはちゃんと4.5で実装するよ!

こちらも内容に関しては続報を待て!

 

 

○ギャザクラにエンドコンテンツ

!!!!

なんだろこれ!

コンテンツ名は「イシュガルド復興」だとぉぉぉぉぉぉ

1000年の竜詩戦争を終結したイシュガルドの復興をギャザクラのみんなの力で助けよう!との事!

「アイメリクに会いたい」「イシュガルドに行きたい」「イシュガルドに住みたい」という声から実現

 

また漁師にはまた別にコンテンツを用意しようと計画中(これは5.0だけでなく5.xで進めるとの事)

 

○多数の新装備、新レシピの追加

デザイン画がいくつか公開されました

 

○新NPCシステム フェイス「トラスト」

FF11で実装されているフェイス「トラスト」システムをFF14に置き換えられるようにして実装(そのままではないよ)

このシステムで5.0メンストーリークリアに必要なダンジョンにNPCと共に進む事が可能になる

もちろんこれまで通り進める事もできる

どんなキャラクターを連れていけるかはまだ内緒!

 

今後も追加していく予定

 

○新システム 「強くてニューゲーム」ニューゲーム+とも

現在の強さを保持したままメインシナリオからジョブクエストまでボタン1つで遊べるようになるシステム

1つのクエストだけというわけではなくある程度の区切りの中で選べるようになるとの事

どんな区切りになるかはまだ未発表

2.xを見るなら2.0からっぽい事は会話されてました)

 

○新システム 「ワールド間テレポ」

新生編開始3都市のエーテライトから同じDC内のワールドに遊びに行けるようになるというシステム(ゲーム内で移動が可能になる)

今までの自身のワールドは「ホームワールド」という扱いになる

このシステムによって異なるワールドの人とモブハントや宝の地図が出来る

メインストーリーを進める事も可能

 

このシステムはFF14の中でもかなり大規模なものである為5.0よりも少し早めに実装する予定!

過密鯖の人は他のワールドに行っておく事をおすすめします!

 

○プレイヤー新種族の追加

ここからは順番が前後しますがお知らせよりも先に!

おそらく増やすのはこれで最後!

ヒントはないよ!(と言いながらTシャツの「ラビット」を見せつける吉田)今回のTシャツはこっちのネタの模様……

 

この新種族のヒントになる要素はパッチ4.5にもある模様!

ヒントはリターントゥイヴァリースの中に……?

 

○重要なお知らせ

Windows32bitOSのサポート終了

動作はすると思うけど危険性が高くなる

ゲームをさらにアップデートしていく為には必要な決断だった!理解してください

 

・北米と欧州のDCを追加!&ワールドをリグループ!

北米欧州それぞれに1つずつDCを追加

これで北米は3つ、欧州は2つになる

ただし数が増える以上リグループが必要になる

無料でワールド間移動の施策などは行う

どんなグループ分けになるかなどの詳細はPLLで伝える

 

 

 

続報はパリのファンフェスにて!

 

最後に!コレクターズエディションのパッケージイラストが!

こちらはリターントゥイヴァリースのイラストを手掛けた雨宮慶太さんが手がけているとの事!

 

 

そしてここでCEO松田さんが魔法使いの格好で登場!

もう1つあるでしょう?新ジョブの情報を出せby松田さん

 

そしてまた別の映像が……新ジョブ紹介映像なんですけど……

 

キャスター系の……敵の技を吸収して使える……アレ

 

そして映像が終わると説明を任せて帰る松田さんとうなだれる吉田……

 

 

というわけで新ジョブ「ブルーメイジ!(青魔導師)」

ただし5.0実装じゃないよ!とのおまけ付き

 

なんとパッチ4.5で実装されるとの事です!

 

これは開発陣をホメてあげてby吉田

 

この青魔導師はこれまでにない概念である「リミテッドジョブ」という事

もちろん青魔導師なのでモンスターの技をラーニングできます(紹介映像ではモルボルの息、サボテンダーの棘、シヴァの弓なんかもラーニングしてました)

レベリングだけでは技は増えない

青魔導師専用の「マスクカーニバル」というコンテンツがある

 

4.5の時点ではレベルは50まで!

このキャップは順次解放予定

 

情報はここまで!ただしより詳細はPLLで話す事を宣言されました!

 

 

というわけで基調講演は以上となります!

 

恒例である北米ファンフェスでの拡張パッケージ「漆黒の反逆者」の発表に始まり、新ジョブ青魔導師の追加まで本当に色々な情報がありましたね!

 

まだ拡張パッケージまでにはパッチ4.5もありますし、今回の話の中でも繋がる話がいくつかあったので明日のPLLも楽しみに待ちたいですね!

 

 

※今回は公開を優先したのでSS少なめです。

見づらかったらごめんなさい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック