プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PR

【FF14】ジャンプポーションは不要?サブジョブ序盤レベリング法【レベリング】

やっはろー

 

チスイの全ジョブだけでは飽き足らずクルコのレベリングを進めるちぃです。

 

その昔、エオルゼアにはリーヴしかやる事がないなんて言われた頃もありましたが(ちぃはその時代にはエオルゼアの世界に足を踏み入れていなかったわけですが)今じゃ色々やる事があって、なかなか追いつかないですよね。

 

そんな中、他の人がやっているジョブを観て触ってみたくなるという事も多いのではないでしょうか。

 

しかし触ろうと思ったらまずはレベリングから、新生時代からあるジョブは1から、蒼天で追加された、暗黒騎士と占星術師と機工士は30レベルから、紅蓮で追加された侍と赤魔導師が50からと最新コンテンツに出すには、一番早い侍と赤魔導師でも20レベルは上げないといけません。

 

中でも一番大変なのはやはり新生された時からあるジョブ。なんといっても70レベルもレベリングしないといけないですから先は長いです。

 

最初に進める時は、メインクエストの経験値がかなり美味しいので(これもパッチが進むごとに加速したものですが)、毎日レベリングルーレットに申請しながらメインクエストを進めているだけでわりとサクサクレベリングが出来たんですよね。

 

それが2ジョブ目からはメインクエストで上がっていた分もいずれかの方法で稼がないといけません。

 

というわけで今回は新生編から存在するジョブをサブジョブとしてレベリングする際の方法について紹介していきます。

 

まず大前提として……サブジョブでも一番効率的に経験値を稼げるのはレベリングルーレットです。11回ですけど、確実に回す事でどんどんレベルが上がっていきます。

 

が問題なのは……レベリングルーレットが回せるようになるレベル16までが一苦労。

 

 

そこでおすすめなのが……コスタ・デル・ソルで受ける事ができるギルドリーヴ!

「捜索任務:冷やされたワイン」です。

 

新生時代から低レベル御用達のギルドリーヴで、30からのギルドリーヴながら、やる事はワインを5つ拾うだけなので、レベル1から行う事が出来ます。

 

 

1つ拾う度に敵が出ますけど全部スルー!

敵は一定距離離れると敵視を無くして帰っていくのでスプリントダッシュせずともかわしきる事ができます。

もちろん戦闘しないのでリーヴのレベルはマックスにして開始して大丈夫です。

 

この手のギルドリーヴは他にもあるんですけど、(同じくレベル30のキャンプ・トランキルのギルドリーヴ、アダマンタスの卵など)このワイン拾いの良い所は、回らないといけないエリアの範囲内に敵がいない事です。

 

行き過ぎると、ブラッドショア・ベルがいますが、基本的にはタゲられる事なく遂行が可能です。

 

 

もう1つ注意なのは、FATE「死者の代弁者」

 

ちょうどギルドリーヴの位置に発生するFATEでこんな感じでウィル・オ・ザ・ウィスプ(火の玉)が浮遊していて、該当レベル以下でも近付くと襲ってきます。

 

なのでこのFATEが発生したら、時間が過ぎるまで他毎をするか、メインジョブにジョブチェンジして終わらせてしまう必要があります。

 

とはいえFATEは発生が分かりやすいので事故死する事も少ないはずです。

 

この「冷やされたワイン」はレベル30のギルドリーヴなのでレベル16までと言わず34レベル付近まで上げる事も可能です。

 

 

16になったらレベリングルーレットなどと併用しつつ、レベルを上げていくとより早くレベルを上げる事が出来ますね。

 

もちろん、死者の宮殿など他にも効率の良い方法はありますが、毎日放置しても貯まっていくリーヴ権があれば出来る手軽さもポイントですね。

 

そのジョブに慣れるという意味では一切戦闘をしないのが難点ではありますけどある程度育ってからの方がやりやすいのも事実なので、これからレベリングするならぜひおすすめします。

 

ではではーっ


スポンサーサイト

  • 2019.08.06 Tuesday
  • -
  • 18:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック