プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】悲願!?数少ない狙っていたマウント獲得

やっはろー

 

普段マウント集めは意識して行わないようにしているちぃです。

 

ちぃって収集癖と共にコンプリート欲が強いので、本当にマウントを集めだすとコンプリートしたくなるわけですよ。

 

エオルゼアのマウントって課金などを除けば基本的に数をこなして手に入れるようなマウントが多いじゃないですか。もちろん運次第では早々と終わる場合もないではないんですけど……

 

ちぃって集中すると本当にそれだけしかやらなくなる上に、周囲の負担を意識出来なくなったりするので……他の人に影響を及ぼすようなプレイはしたくないわけです。

 

そんなわけでちぃはエオルゼアでは「マウント・ミニオン・オーケストリオン譜」に関しては極力コンプ欲を出さないように意識して抑えているのです。

 

 

それでも単体で見てほしいって思う物は急ぎ過ぎないペースで、条件を満たせそうな時には満たして数を稼ぐ感じで集めるようにしています。

 

ちょうど年末までの目標とした「護送システム」なんかが良い例ですね。

 

とは言っても終わりが見えるとブーストがかかってしまうのですが……今回もかかりました。

 

というわけで今回獲得したのが……

 

 

暗黒騎士のフライングマウントマウント!「バトルパンサー」です。

 

 

タンクマウントはこれまで暗黒騎士の「ウォーパンサー」と戦士の「ウォーベア」は持っていたんですけど、フライングマウントのタンクマウントは初です!

 

まぁ見た目的には元のウォーパンサーに専用の兜みたいなものを付けただけではあるんですけどやっぱりフライングマウントっていうのは大きいですね。

 

 

どんどん広がるエオルゼアの世界、フライングエリアではない新生の3国内だったとしてもどうしてもフライングマウントを選んで乗ってしまうのですよね。

 

 

唯一別途登録出来てフライングエリアではないフロントラインに参加する時くらいしか出番のなかった「ウォーパンサー」

 

 

でも見た目はかっこいいし好きだったのでフライングマウントである「バトルパンサー」が必然的に欲しくなるわけですよ!

 

 

こんなに欲しいと思って集めたのって……回顧録で書いた「騎乗システム」以来かもしれないです。

 

とは言ってもやっぱり条件である61以上のID、エキルレ、レベルレ、61以上の極蛮神を300回」って条件は、元々戦闘気質ではないちぃには長いわけで、実装された当初からいつか取れたらなんて思いながらついに今回までかかったわけです。

 

一気にカウントが増えたのは今回極蛮神朱雀に挑むようになったからですかね。元々タンクを出す事に苦はない上に周回する事を考えるとどうしてもタンクの方が楽なんですよね。覚えちゃえばですけど。

 

 

そうそう、SSを撮ろうとして改めて知ったんですけどグループポーズに追加された「移動モーション」ってマウントにも適用されるんですね!

 

地上はもちろんですけど、空中を駆ける姿も撮影出来るのでかなりいい感じです!

願わくば……マウントから降りてる状態でSS撮影出来るようになったりしませんかね?

 

一時期グループポーズの進化はここまでみたいな話があったんですけど、その後上記の歩きモーションだったり天候と時間のストップなんかも追加されているので……期待して待ってよう。

 

「騎乗システム」の獲得以来、メインのマウントはずっと騎乗システムだったちぃですけど……これはついにメインマウントを変更する時が来たようです!

 

 

これから大切に乗りまわしたいと思います!

 

 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック