プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PR

【FF14】制限解除でソロで極蛮神に挑む!【新生蛮神】

やっはろー

 

零式には行ってないちぃです。

 

そんなちぃが今回やってみたのが前回と同じく制限解除という点は同じく「ソロ」でどこまで倒せるのか!というのを試してみました。

 

というのも前回公開した「FF14】制限解除で行ける極蛮神についてまとめてみた」を見た方から疑問を頂いたんですよね。

 

ソロというと普通とは大きく変わってくる上にちぃのような零式も挑んでいない人の実力で計れるものだろうかなんて不安もありましたが、やるだけやってみました!

 

今回はちぃがやってる中では今回の検証向きかなと思った戦士で挑んでいます!

単純にHP高めである程度自己回復もできるっていうのがポイントですね。ヒラだとどうしても火力にかけますし、1撃で大きく減ってしまうのが連続で来るようなのには耐えられないのでタンクである戦士を選びました。

 

ちなみに現在のちぃの装備はこんな感じ

 

 

武器:天之仙斧

頭:ナイトスチール・ディフェンダーヘルムRE

胴:大龍脈戒服【武士】

手:ブルータルガントレット・アネモス

帯:メガテリウム・ディフェンダーベルトRE

脚:大龍脈戒衣【武士】

足:大龍脈脛当て【武士】

耳:大龍脈耳飾【武士】

首:大龍脈首飾【武士】

腕:カーボランダム・ディフェンダーブレスレット

1:グレースディフェンダーリングRE

2:グレースディフェンダーリングRE

 

です。マテリアもしっかり装着していて基本的にはSS1200確保のクリ優先な構成(のつもり)という状態です。零式もやってないのですごい中途半端な装備だとご指摘を受けそうですけど、一応現在のパッチの最新装備ではあるのかなと言えるような状態ですね。

 

後共通するルールとして「ご飯なし、薬なし、超える力なし」という条件でやってきました!

 

先に結論に少し触れると前回紹介した制限解除の難易度とはまた違った感じになりましたね!というわけで順番に紹介していきます。

 

○極イフリート

 

いきなり結構難しい印象を受けたのが極イフリートです。

何って「灼熱」が痛い!

本来だったらタンクスイッチして乗り切る部分を全部諸に受ける形になりますからね。当たり前に5スタックの「灼熱」が付与されます。当然後半はイフリート自体の火力も挙がっていくので前半はデストロイヤーでも良いですが後半、2回楔を倒しきったくらいからはディフェンダーにして戦うのが理想かなって感じでした。

 

火力が足らないという事には基本的にならないので、回復優先して立ち回れば難しくは無さそうです。

 

○極ガルーダ

 

 

比較的簡単な印象を受けたのが極ガルーダ。

分身を呼ばれると履行までほとんどダメージを与えられなくなりますけど、それでも戦士ならある程度バフを使えば履行技に耐える事ができました。

 

気になってもう一度やってみたんですけど、ガルーダの雑魚は発生して一定時間で距離によってバリアを張るから倒せなくなるんですけど、戦士1人でもバリアを張りきる前に1体だけは倒せたので意識すればもう少し楽に倒せそうですね。

 

○極タイタン

 

 

実装当時猛威をふるったという極タイタン

 

やる前は鬼門になるかなと思った「グラナイトジェイル」ですが、戦士なら耐えられたので特に問題はありませんでした。

もちろんランドスライド等吹き飛ばされる系のギミックとかはしっかりよける必要がありますね。

後「グラナイトジェイラー」、いわゆる子タコと言われる雑魚に関しては位置関係に気を付けつつもちゃんと倒しておいた方が良さそうです。

 

○極リヴァイアサン

 

 

前回通常の制限解除では難しいとした極リヴァイアサン。

ですが制限解除の状態で極リヴァイアサンのギミックをちゃんと理解して生きたままでいられるのであればソロでの難易度はそこまで高くありません。

 

むしろギミック理解度さえあるのであればソロでは一番楽かもしれません。もちろんバリアを張る箇所ではしっかりバリアを張ってなどの対応はする必要はあります。

 

 

と言うわけで!ちぃがクリアできたのはここまでです!

 

 

極ラムウ、極シヴァ、ついでに極ビスマルクと挑んできましたがちぃにはクリアできませんでした。

 

極ラムウは雑魚フェーズの攻撃に耐えきれず、ギリギリ越えても2回目の雑魚フェーズでお亡くなりに……

 

極シヴァは後半に来る吹き飛ばしからの外周踏み氷漬けでアウト、これに関しては誘導すればもしかしてとは思いましたが時間の都合で断念しました。

 

極ビスマルクは前半のビスマルクの強化殻をそもそも壊しきれずに時間切れという……ちぃ初めてみましたよ、ビスマルクの時間切れ。

 

 

最初にも書きましたけどちぃは戦闘に関してそこまで上手いわけではないので、或いは戦士をもっと使いこなせる人ならちぃが倒せなかった極蛮神の中にも倒せるのがあるかもしれません。

 

パッチが進んで装備がさらに強くなれば極ラムウとかはいけそうですね。

 

一応倒せた順に難易度を考えると

極ガルーダ<極リヴァイアサン<極タイタン<極イフリートと言った感じですかね。

 

もし挑んでみようって人がいたら参考にしてみて下さい!

 

ではではーっ


スポンサーサイト

  • 2019.08.06 Tuesday
  • -
  • 18:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック