プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

回顧録1.0章 〜製品版購入とぶつかった壁〜

〜前回までのあらすじ〜

 

クラフターになって以来、すっかりその魅力に取り付かれたちぃ。

楽しい時間はあっという間に過ぎていき…………。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

フリートライアル期間も終盤。

 

様々なクラフターのクラスに手を出した事で上限の20レベルまで到達したのは園芸師のみながら全体的に上限に近いところまでギャザクラのレベルをあげたちぃ。

 

製品版を買えばここからさらに世界は広くなり、現在は60レベルにまでなる事が出来るという。

 

 

答えは…………

 

 

 

決まっていた。

 

 

フリートライアルの終了を待たずして「ファイナルファンタジー14:オンライン」を購入!

 

 

お気づきの方もいるでしょう。

そう。ボクが始めた当時、既にエオルゼアは新生を終え、蒼天へとその舞台を移していた。

旧時代からプレイするレガシーの方々から見れば後発も後発でした。

 

確認してみたところパッチナンバーでいうと3.1だったようです。

 

 

当然そんな事は理解しているようで理解していなかったボク。

 

数日後には届いたパッケージについたシリアルナンバーを入力し、今まであった制限はすべて取り除かれ意気揚々とログイン

 

これでさらに楽しいギャザクラライフが待っている!

 

入らなくなっていた経験値が再び入るようになり、同時に素材も集まる。

 

そうして集まった素材をクラフターで加工していくとクラフターのレベルも上がりと好循環して回っていく。

 

どんどん上がっていくレベルに比例して上がるボクのテンション。

 

 

調子に乗って進めているととある問題に直面する。

 

所持品の枠が足らないっ!!

 

今でこそ拡張され140個まで持ち歩けるが、当時は100個まで!

クラフターで各素材を持ち歩けば100個の枠はあっという間!

 

 

少し調べてみる。

 

 

少しメインシナリオを進めるとリテイナーという倉庫キャラが解放される!

これだ!

 

 

画面右側にずっと表示されていた「サスタシャを攻略する」というメインシナリオは完全放置だったボク。

 

 

ここから再開すればいいんだな。

 

で……

 

 

 

 

多分説明はあったんだと思う。

が、ギャザクラが楽しくてすっかり忘れた!

 

 

これは……仕方ない!あの手を使うか。

 

 

 

 

 

召喚!

 

 

 

職場の同僚!

 

こんな時の為に「絶対勧めない」と言った同僚に「フリートライアルだけでもやってみるからサーバー教えて」とサーバーを聞きだし一緒のサーバー、アレキサンダーにしたのだ!

 

結局もう少しやってみる事にしたと製品版を購入した事は伝えていたのでさっそくお呼び出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばしの静寂。

 

 

 

 

どうやらボクのサーチ情報を覗いたんだろう同僚のwの嵐

当時はどうやってみたのか分からなかったけどね!

 

 

 

 

ひとしきり笑い倒した同僚はボクにパーティーに誘い、先導するようにしてリムサから船で西ラノシアへ

 

 

容赦なく一人乗りのチョコボに乗る同僚に全力スプリントで追い掛ける。

 

後から聞いたら二人乗りのも持っていたらしい。

なら乗せてよ!

 

幸いな事に要所で止まってはくれたのでなんとかサスタシャ前に到着しコンテンツを解放!

 

そのまま付き合ってくれるという同僚に甘えてIDへ挑む

 

 

 

 

 

 

周りはとっくの昔にこのコンテンツを乗り越え今では蒼天の舞台で戦う強者達

 

 

 

何をしているのかも分からないままに進んでいくサスタシャ。

 

 

 

でもこれは仕方ないと諦め、後ろに続く。

 

幸いだったのは同僚のジョブがタンクだった事。

進行はゆっくりにしてくれていた(後から思えば)

 

 

苦戦らしい苦戦をする事もなくサスタシャを無事にクリア

 

 

 

そこからさらにリテイナーの解放出来る所までお付き合いしてもらいその日は解散。

 

 

ちぃはその後リテイナーと無事に契約!

所持品かつかつ問題は解消されたのである。

 

 

〜次回予告〜

 

所持品問題が無事に解決したちぃ。

そんな中ちぃはある事に目をつけていた。


コメント
コメントする