プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】エオルゼアの金策一覧【金策】

やっはろー

エオルゼアでは小金持ち、ちぃです。

 

最近、周囲のフレさんから色々金策しなきゃーって声を聞くので、せっかくなので金策について記事にしてみようと考えてみました。

 

「エオルゼアのギルに価値なんてない」なんて言う人もいますが、そういう人に限って大抵それ相応のギルを持っていたりしますよね。

 

実際、一定水準のギルを越えると確かに、何に使おうか、なんてなったりもするわけですが、そこに行きつくまでが大変です。

 

というわけで今回はちぃの思いつく限りの金策を簡単に紹介していこうと思います。

 

これがおすすめ!ってするんじゃなくて一覧にするのは理由があって、端的に言えば「向き不向きがあるから」です。一覧にこそしていますが、ちぃが今までにやった事ないのもあったりしますからね。

 

一覧として説明する前にまずはエオルゼアの金策を便宜上2つに分類していきます。

「システム排出系」「マーケットボード系」です。

まぁ意味は名前の通りなんですが、

システム排出系は、ゲームシステムから直接入手できるお金。

マーケットボード系は、プレイヤー同士のやりとりで入手できるお金だと思って下さい。

 

というわけで簡単な説明も交えつつ、まずは一覧をざっと紹介していきます。

 

まずはシステム排出系の3つから紹介していきます。

 

 

○デイリールーレット

冒険を初めてからすぐに始める事ができる代表的な金策がデイリールーレットです。11つの額は大したことないですけど、全部埋めるとけっこうな額になります。何より、普通にエオルゼアで冒険していれば何も準備がいらないお手軽さが良いですね。

 

特に新生編、蒼天編は今、メインクエストの進行でかなりの経験値を貰えるのでルーレットを回す必要が無かったりするわけですが、ギルを稼ぎに回すというのも1つの手段としてはありです。

 

毎日続ける事が大切にはなるので、毎日絶対全部!とまでいかなくてもお手軽な物を選んでやっていくというのもありですね。

 

 

○攻略手帳

新生編をある程度進めていくと手に入る攻略手帳。条件を満たすと経験値などが貰えるので意識してプレイしていくのがおすすめですが、この攻略手帳でもギルをもらえる項目があります。

 

こちらは週間でリセットされる形なので、デイリールーレットより稼げる額は少ないですが、それでも埋めていけば相応な額になっていきますね。

 

ただ、項目が多岐に渡る事もあって、始めるにはある程度冒険を進めている必要がある点には注意です。

 

 

○地図

宝の地図を利用していける「アクアポリス」「ウズネアカナル」の2つの宝物庫。現状システム排出系では一番稼ぎやすいと言われています。

 

ただその分始めるまでにはある程度敷居があって、最低でも戦闘職を1ジョブカンストさせてある程度のレベルの装備を揃える必要があります。

 

また条件を満たせば確実に入手できる上の2つと違って運要素も大きくて、本当に最悪の場合、収支がマイナスになってしまう事もあります。(滅多にないけど)

 

また自分1人では行えないのである程度一緒にプレイする仲間も必要です。そういう意味でも少し敷居が高いですね。

 

 

 

以上がシステム排出系の主な稼ぎ方になります、システム排出系の魅力はなんといっても「即金性」でしょうか。条件を満たせばすぐにギルが手に入るのでいわゆる待ち時間というのがないです。その分入手量にはある程度制限もかかるので、本当に一気に稼ごうと思ったら不向きです。いわゆる「塵も積もれば」の精神でやっていく形になります。

 

ここからはマーケットボード系に関して、こっちは最終的にリテイナーを通してマーケットボードに出品、誰かが購入してくれたらギルになるって形ですね。

 

なのでここでは良く売られるものなんかを紹介していきます。

 

 

○素材そのまま売り

ダンジョンなんかに行くと知らず知らずのうちにモンスターが落とすような素材が所持品に入っているって事ありますよね?あれをそのまま売ってしまおうっていうのがこの方法です。

 

もちろん、普通にプレイするだけでは早々数は集まらないので意図して特定の場所を周回するなどする必要があります。マケボを利用する方法の中でもギャザクラに手を出さなくても行えるので手軽と言えば手軽です。

 

各ダンジョンでしか手に入らないレア素材なんかは常時ある程度の金額で取引されていたりもするのでそういう素材を狙っていく事になります。

 

また同時に、ギャザラーをやっているならクラフターが良く使う素材なんかを集めてきて売るというのも素材そのまま売りになりますね。

 

魅力は時間さえかければ元手となる物が無くても行える事でしょうか。ただその分、売値はあまり高くはないので数を売る必要があります。

 

 

○トークン素材売り

カンスト帯のダンジョンや最近だとエウレカなんかでも手に入るトークン。これらで交換できる素材を売るというのも金策としては非常に有効な方法です。

 

特に新しい新式装備が登場した際などにはかなり高額な値段でやりとりが行われたりします。

 

欠点となるのは高額な時期が一瞬な事、そして事前に溜めこむにも所持数に上限があるので限界があるという事です。常時行える方法ではなく、下記で紹介する軍票品売りと織り交ぜるのが一般的な方法です。

 

こちらも戦闘職のみで行えるというのが利点の1つですね。

 

 

○軍票品売り

ダンジョンで入手できる装備や、上記でも紹介したトークン装備などは所属するグランドカンパニーに持っていくと軍票にする事が出来ますよね?

 

軍票は色々な物に交換できますが、クラフターが利用する素材なんかにも交換できます。それらの素材の中で売れ筋な物を交換しマーケットボードに並べるとある程度高回転で売れていきます。

 

特に軍票で交換できる素材は数が必要な場合も多いので定期的にマケボに並べる事ができればかなり稼げます。

 

こちらも戦闘職のみで行える方法です。

 

 

○素材加工売り

ここからはクラフターにも手を出している人の稼ぎ方になります。

 

クラフターで一番の稼ぎ方と言えば、やっぱりクラフターでしか作る事のできない完成品を作ってマーケットボードに出品する方法です。装備はもちろん、家具なんかを売る人も多くいます。

 

元となる素材を全て自分で用意すれば、元手も必要ないですし元となる素材を購入した場合でも多くの場合は差額で稼ぐ事ができます。

 

クラフター関連のマケボの利用方法としては一番シンプルな方法です。

 

 

○マテリア錬成売り

最近ではシステムからの排出量も増えたマテリアですが、元々マテリアは自身の装備を使いこんで錬成度を100%にし、その装備を「マテリア化」する事で数を稼いでいました。

 

現在でも人気のマテリアは相応の価格で取引されているので、この錬成を意図して行ってマテリアを用意してマーケットに並べるというのも立派な金策になります。

 

一番売れる時期はやはり装備の更新が入ったばかりのパッチ直後ですが、パッチが落ち着いたとしても売る事ができます。

 

○「工匠のデミマテリダ」売り

登場して長くが経過しながら今でも頻繁に利用されるクラフター素材、それが「工匠のデミマテリダ」です。

 

入手には分解スキルが必要で分解スキルのレベル上げなども必要になる事もあって手間はかかりますが、常時一定以上の価格で取引が行われています。

 

 

○薬、飯売り

ここからさらにハードルが上がりますが、零式に挑む人が多用する事になる、薬とご飯を作って販売する方法です。

 

零式に挑む人の中には自身で用意する人も多くいますが、購入して用意するという層も相当数いるので十分に収支をプラスにする事が可能です。

 

当然ですが、零式が実装されたタイミングが一番稼ぎやすく、以降少しずつ値下がりしていきます。

 

 

○新式売り

取引の度合いがそれなりにあり、かつ単価が最大に高いアイテムと言えばやはり新式装備です。実装されたばかりのパッチ直後はもちろん、新規勢が装備を揃える手段としても使える事からパッチが落ち着いてからも値下がりはしつつも重要があります。

 

――――――――――

とまぁざっくりと言いながら長くなってしまいましたが、一般的な金策はこんな所でしょうか。後半に紹介したのはその金策が行えるまでにある程度の準備が必要な分、稼げる額も大きくなっています。反面その大きさからライバルも多いって感じですかね。

 

 

よくどんな金策が良いの?って言われますが本当に向き不向きがあるんですよねぇ。

プレイスタイルとかでも変わってきますし、その人の各ジョブのレベリング状況とかでも変わってきますからね。

 

 

ちなみにちぃの場合は、過去には地図を使った金策を行っていた時期もありましたけど、現在は素材加工売りが中心になっています。ちぃは色々な物を作るのが好きなのでこのやり方が一番合ってますけど、フレさんには新式売りをやっている人もいますし、マテリア錬成をやっている人も知っています。

 

結局大きく稼ごうと思ったら相応の期間を使って準備なりが必要になるのは間違いなくて、長く続ける必要もあるのでどんなやり方をするのが合っているのか、なんですよね。

 

まずはやれる所から色々やってみて、自分に合ったスタイルを見つけていくしかないのかなぁ。

 

金策って一言で言ってもどれだけ稼ぎたいのか、どんな風に稼ぎたいのかでも変わってくるのはやっぱりエオルゼアでもリアルゼアでも一緒なんでしょねぇ。エオルゼアの方が格段と選択肢は狭いですけど。

 

今回は一覧にするだけでもわりと長くなってしまったのでここまでにしますが、またタイミングがあったら金策について考えてみようかと思います。

 

 

金策に関して別途まとめた記事もご参照ください!

 

金策する時って何を売ればいいの?

 

金策するならやっておきたい!蛮族クエスト

 

金策入門!リテイナーを稼働せさよう

 

使わないという金策

 

 

 

 

ではではーっ


コメント
エオルゼア休んでるけどめっちゃ勉強になった…。やっぱ小銭稼ぎにルレは行ったほうがいいんだなー。参考になったぜ…!
  • 名無しのジンくん
  • 2018/08/10 8:08 PM
名無しのジンくん
コメントありがとーっ

また戻ってきたら参考にしてくださいなっ
  • チスイ
  • 2018/08/10 11:06 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック