プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む一職人で一冒険者
今日も愛用の道具を片手にまったり世界を駆けぬけます。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

職人の冒険秘話.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

出張プロデューサーレターライブinE3をまとめてみた

やっはろー

 

 

今回はアメリカのゲームイベントE3の会場で行われた出張プロデューサーレターライブの話をまとめましたよ!

 

今回は次のパッチの話よりもメインはQ&Aコーナーでしたね。

後は前日の放送でも発表された「モンハンワールド」とのコラボ企画の話や、「モンハンワールド」のプロデューサーである辻本良三さんも出演なさいました。

 

その辺りの話含めてしっかり纏めていこうと思います。

 

初めに注意ですが…視聴しながら執筆した物なので言葉の違いや間違い等はあるかもしれませんがご容赦ください。

 

 

開幕はお馴染みパッチトレーラー!今回は4.3パッチトレーラー(英語版)の後、モンハンコラボのトレーラーも流れましたよ!

 

トレーラーは既に先出しされているので気になる人は確認してみてくださいね!

 

タイミングがタイミングなので最初の挨拶で絶アルテマについて触れていましたね。

既にクリアチームも出ているので、睡眠時間の話や、タイタンフェーズでのツール対策に対しての反省も述べていました。

 

 

そして早速モンハンワールドプロデューサーの辻本良三さんが登場しコラボの話!

 

登場して最初にモンハン側のコラボトレーラーも公開され、(本来はこのタイミングが初出しの予定だったとか)、ベヒーモス、そしてサボテンダーが写っていました。トレーラーもかなりカッコいいのでモンハンワールドはやってないって人もこれだけは必見です。

 

ちなみにコンシューマのモンハンシリーズではコラボモンスターはベヒーモスが初との事です。

 

 

Q.吉田と辻本さんが関係性を持った経緯は?

A.ポータブル2ndを飲みの席で一緒にプレイした頃からなので10年来。

(配信されたばかりのキンジシをスクエニ側2人、カプコン側2人で一緒にプレイしてカプコン側の2人が落ちてクエスト失敗したとか)

 

 

Q.コラボをする事になった経緯は?

A.吉田が旧FF14のプロデューサーになった時に偶然イベントで再会。その時辻本さんは吉田に対して「キャリアを無駄にするな」と怒った。

 

そして当時から辻本さんから協力の話はあったが吉田が「力を借りるばかりになってはいけない」と断っていた。

FF14がカムバックしたらコラボをやろうと話になっていて今回ようやく実現した。

 

モンハンサイドとしてはワールドワイドに展開したいという意図もありお互い協力できる状態が築けたこのタイミングになった。

 

話自体はかなり古くからあった話。

 

 

Q.コラボの詳細は?

 

A.モンハンの看板モンスターである「リオレウス」が来るのに15レベルのクエストにはできない!

という思いから参加条件は「紅蓮のリベレーターのシナリオをクリア」としている。

ハンターランクカンストするような人なら今からやっても追いつけるよ!by吉田

 

余談だがモンハン側のベヒーモスもかなり強い!FF14にはない部位破壊とかも好きにやってくださいと伝えている。

 

リワードもかなり期待していい!

 

今回は新規の参入よりもチャレンジとしての意味合いが強い。

モンハン側もかなり力をいれたクエストにしているとの事!

 

リオレウスを8人で戦う為にも、ベヒーモスをモンハンのアクションに合わせる為にも色々やってるのでぜひ楽しみにしてほしい。

 

とコラボの話はここまでで辻本さんは退場!

 

ここからは本格的にQ&Aコーナーに入ります。

 

 

Q.キャラメイクの幅を増やせない?

 

A.今のグラフィックのクオリティ、装備集めなど現状の仕組みでは難しい。やるとしたらグラフィックエンジンをさらに向上させるってタイミングがあればその時に同時に検討するかも?

 

 

Q.モグステーションのキャラ単位のアイテムをアカウント単位にできない?

 

A.モグステーションの仕組み上、難しい。できるだけマウントなどの高額なアイテムを優先してアカウント単位にしていく方針。

 

 

Q.ディープダンジョンやエウレカなどの時間がかかるコンテンツをメジャーパッチでリリースする事を検討しない?

 

A.これは敢えてズラしている、理由は2つ。

1.一度に全部実装すると遊ぶコンテンツが増えすぎる上に、次のメジャーパッチまで一切アップデートができなくなってしまう事。

2.同時実装にすると武器を強い状態にできない事(一部のコンテンツに行かなくても良いという状況になってしまう為)。

 

 

Q.ディープダンジョンの新情報があるとか?

 

A.プレイヤーリワードとして新髪型が実装(既にNPCがしている物)デザインコンテストの受賞作品。

さらにマウント「ドードマウント」実装(ちゃんと飛べます)

これはまだまだ一部なので他にもある。

 

 

Q.イシュガルドのハウジングエリアは実装されないの?

 

A.シロガネを作ってもまだ声が大きいのは理解しているが今はまだ難しい。次回ハウジングエリアを増やす時はイシュガルドになるんだろうなぁとは思っている。

決まったら発表するから待って!

 

 

Q.最初の方のメインクエスト短縮できない?

A.検討はしてるけど非常にコストが高い。いつかはやらないといけないと思っている。

 

 

Q.ロールアクションをちゃんと選択できるようにできないの?(シャークとかプロテスのような必須なスキルが目立つ)

A.本格的な改変は次の拡張パッケージじゃないと無理だけど、次のメジャーパッチ(4.4)で調整できないか検討している。

 

 

Q.FCを探している人向け募集や申し込みができるようになど何かアップデートできないの?

A.現在UIチームができないかと検討中。UIなどの調整などを行っている状態なので、発表できるようになったら伝えます

 

 

Q.メインシナリオのバトルコンテンツを再び遊べるようにする機能はできない?

 

A.要望は理解していて、準備はしている。いくつかの方法を検討しているがただまだまだ時間はかかりそうなので待ってほしい。

 

 

.ミニオンリストの更新予定はありますか?

 

.現在作業中です。作り直します!

 

 

.グループポーズでLB3を確認できるようにできませんか?

.技術的には可能でディスカッションも行っている。ただグループポーズだからってできるようにしていいのか疑問はある

 

 

.FF141.x)をもう一度プレイできるようになりませんか?

 

.捨てた物を拾う事になるので再現は難しい。吉田が担当している限りはやるつもりはない。あれは当時のFF14をそれでも応援してくれた人の物。

 

 

Q.メインキャラでのハウジングをサブキャラでも利用できるようになりませんか?

 

A.作業しています。ただいつになるかはまだ言えない。ハウジングに関してはマネキンなどさらに優先度の高い要素があるのでそれが落ち着かないと……

 

Q&Aコーナーは以上!でした。

 

さらにここからはお知らせコーナー…

 

だったんですが

ファンフェス参加記念アイテムとして……SDSフェンリル」……バイクが実装されるそうです!これはサービスアカウントになるとの事。

 

詳細はまだ先のようですが日本では法律の都合上、フェンリル有り無しのチケットがでるとの事。

 

またそれぞれのファンフェス会場毎にミニオンもある

 

さらに今回のファンフェスからは3会場全てライブストリームで無料配信するとの事です。

 

そしてマウントとミニオンはモグステで購入もできるとか……チケット取れなかった人が貰えない自体を防ぐためだそうです。これは大きいですね!

 

さらに日本旅行とFF14で北米ファンフェスに行くツアーも企画中との事!

 

さらにファンフェスで行われるフィーストの大会の詳細も発表(発表されたのは北米リージョン向けなので中身は割愛)

 

その他、サントラやオケコン等々のお知らせもありました。

 

 

さらに!以前のPLLで紹介のあったスマホアプリ!

7月下旬リリース予定と発表されました(審査があるのでまだ正式日程はまだ)

無料で良いからぜひ使ってね!by吉田

 

 

今回のPLLは以上でした。

 

ただまだまだE3自体は続くので新しい情報も出るかもと言っていたのでまだまだ新情報が出るかもですね。

 

というわけで今回のまとめは以上です。

 

気になる事も色々ありますがやっぱり直近気になるのはアプリですかねぇ。

 

また正式リリースされたら使ってみたいと思います。

 

 

 

ではではーっ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック