プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PR

ギャザクラミラプリコーデ紹介 第1回

やっはろー

 

ギャザクラミラプリ用装備制作の旅を続けていたちぃです。

 

表題から察していただけるように……ようやく終わりました!

 

正式に使えるようになるのはドレッサーが実装されるパッチ4.2からなので、今回は紹介だけしていこうと思います。

 

以前ジョブクエについて紹介した時にとてつもない長さになってしまったので今回は3回に分けて紹介します。

1回はクラフター編その1はエオルゼアの法則に習って、木工師、鍛冶師、甲冑師、彫金師の4つを紹介します。

 

まず木工師はこちら!

 

 

頭:カーペンダーフード

胴:ミルマスターエプロン

手:ミルマスターグローブ

脚:カーペンタースロップ

足:ギュウキシューズ

 

というコーデになっています。胴のミルマスターエプロンの色合いに合わせるために頭と足の装備をそれに近い色であるラストレッドで染色しています。

やっぱりAFのそのジョブらしさには共通装備ではなかなか敵わない物で、AFAF2を中心に据えたコーデですね。AF3はセット装備としてみるとなかなか好きなんですけど個々の部位毎ではなかなかコーデしにくくて今回は採用しませんでした。

ギャザクラのAF装備ってそのクラスのギルドマスターの装備にもなっていますけど、木工師ギルドのマスターは帽子被ってないけどどんなだろうと見てみたら可愛らしい感じだったのでそれを採用しました。

地味に足がギュウキシューズなので、このコーデができるのは63レベル以降になりますね。

 

 

続いて鍛冶師がこちら

 

 

頭:フォージマスターゴーグル

胴:フォージマスタールダンゴット

手:フォージマスターグローブ

脚:フォージキングスロップ

足:フォージキングブーツ

 

というコーデになっています。鍛冶師はAF3もなかなか他の組み合わせてもコーデしやすいデザインが多くてけっこう迷いました。

でもボクにAFの魅力を強烈に与えたAF2はどこかに採用したいという事でAF2AF3の混成コーデになりました。

地味にフォージキングブーツのこの足の太さよりも明らかに厚いブーツってないなぁと思ったのでそこも残しています。AF2AF3もエプロンが胴装備との一体型だったのはコーデする上で助かりましたね。

後はちぃ大好きのアシンメトリーデザインのフォージマスターグローブもお気に入りです。AF3は腕のアシンメトリーデザインも胴装備と一体型だったので結果的にAF2を中心にコーデする事になりました。

 

お次甲冑師のコーデがこちら

 

 

頭:ハンマーキングバイザー

胴:ハンマーキングルダンゴット

手:ハンマーマスターワークグローブ

脚:ハンマーマスタースロップ

足:ハンマーキングブーツ

 

というコーデです。

色合いはちぃカラーという事でよく使うワインレッドを中心に要所をスートブラックで染色しています。

今回紹介するコーデの中では一番AF3の原型が残る形となりました。今回改めてみて気付いたんですけど甲冑師のAF頭装備は全部バイザーが稼働するんですね。それだけ顔を守らないといけないクラスだって事ですよね。

AFのデザインもなかなか好みだったんですが甲冑師のAFはとある方が着ているというイメージが強すぎて採用せず。コーデを考える時ってどうしてもそういうのを気にしてしまうのはちぃだけでしょうか。

 

本日最後、彫金師のコーデはこちら

 

 

頭:ガーロンド・クラフターキャップ

胴:ゴールドスミスダブレット

手:マーリドクラフターグローブ

脚:ジェムマスタートラウザー

足:アンフィプテレシューズ

 

というコーデです。色合いは基本的にワインレッドですが、ゴールドスミスダブレットが曲者で、装飾品の色が染色されない。のでマーリドクラフターグローブも色合いの近いオサードブルーを採用してなんとかバランスを取ろうとしています。彫金師のAFはどうしても商人っぽさが強くて、結果的に今回紹介するコーデの中では一番共通装備の採用が多くなりましたね。ちなみに回顧録でも書いた通り、ちぃがパッチ3.3で手に入れたガーロンド装備はマーケットで購入した物だったので今回改めてちぃの銘が入った物を制作しました。装備は一式残してあるんですけどね。そこはこだわらないといけないかなと。

後はジェムマスタートラウザーに合う足元が隠れない靴をという事で膝下ブーツが多い彫金AFシリーズを使わなかったのがポイントでしょうか。

 

やっぱり4クラスだけでけっこうな長さになってしまいました。これは分けて正解だったかな。

次回は残るクラフター4クラスを紹介したいと思います。

 

全体的な事は全部紹介してから書きたいので、本日はここまでにします。

 

ではではーっ


スポンサーサイト

  • 2019.08.06 Tuesday
  • -
  • 20:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする