プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

回顧録2.35章 ヒーラーデビュー

〜〜前回までのあらすじ〜〜

 

ニーズヘッグに心を砕かれて戦闘ハートレスになったちぃ

ようやくハウジングの購入まで辿り着きます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※ようやくハウジング購入後のお話になります。順番前後してすみませんでした。

 

ニーズヘッグに心をぽっきりと折られたちぃ。

 

 

いやね、ギャザクラやりたくてエオルゼアに降り立ったちぃとはいえですよ。

ここまで何も出来ずに出荷されたあげく武器もらっちゃったとか泣けてくるじゃないですか。

 

 

そこで戦闘に目覚めたら良かったんですけど、ちぃは地図の鬼に戻ってしまったんですよね。

 

お陰で念願だったハウジングは購入できたんですけど。

 

 

本当だったら飛空挺の製作などをやりたい所ですけど、ちぃには一つ不安がありました。

 

 

「このまま黒魔導師でいいんだろうか」

 

 

フレさんとも次のパッチの話が出てくる時期だった事もあり、このまま黒魔導師でいて良いのかと迷ってしまったわけです。

 

 

メインクエストで弓術士程ではないにしてもニーズヘッグにぼこぼこにされた黒魔ではこの先またどこかで進めなくなるんじゃないだろうか。

 

木人を叩いたりしてみたものの、木人の前ではちゃんとスキル回しもできるんですよ。

当たり前なんですよ。

 

 

だって動かないでいいんですから。

 

 

黒魔導師ってほぼ全ての攻撃に詠唱が入るのでその間は止まってないといけないんですよ。それが問題なんです!

 

今後も動きまわらないといけないようなコンテンツが出てくる度に逃げてばかりではいられません。

 

そんなわけでちぃ、二度目の戦闘職挫折!

黒魔の杖を置く決意をします。

 

 

さて、杖を置くとして何のジョブをやろうか。

 

 

ここまで進めて来て経験もあって、黒魔になる呪術士を選んだ時とは考え方も少し違う。

 

黒魔を選んだ時は色々触ってみて決めたけど、その中に本当に少しだけ触って終わったジョブがあった、それは剣術士と斧術士、そして幻術士の3つ。所謂タンク、ヒーラーに分類されるクラス。

 

今までやってきたDPSはダメージを出して敵を倒すのが役割でそれをこなしてきたちぃだったけど、ちぃには一つ大きな欠点が…………ダメージにこだわりが持てない事。

 

フレさんと話していると木人が何秒残しだったとか、このサブステータスがこうで、なんてダメージに関わる話をちょくちょくしているのを聞いていたちぃ。

 

でもね、数字にそこまでの意味を見いだせないんですよ。例えばそれが一撃で倒せるか二撃で倒せるかって差なら大きいと思うんです。

 

でもエオルゼアの世界って例えダンジョンの雑魚敵であっても何度も攻撃しないと死なないんですよ。もちろん塵も積もれば山となるというのは分かってるんですけどね。

 

これがなかなかこだわれない……

 

 

ヒーラーとかタンクは大変だっていう話は聞いていたので呪術士になった時は触ってはみたものの候補には入らなかったんですけど、今回は積極的に選んでみようかと思ったわけです。

 

そしてイシュガルドに入った事で選択肢はさらに広がりました。タンクの暗黒騎士とDPSの機工士、ヒーラーの占星術師が選べるようになったんですよね。

 

 

これらも候補にしたいような気がする……と思いつつも最初からレベル30と聞いて断念。いきなり慣れてないジョブで30レベルの所に行くなんて無理!と思ってしまったんです。

 

 

そして悩みに悩んで選んだのが、巴術士経由で学者への道!

 

どっちにしてもやらないといけなかったので白魔も15まで上げてみましたけど、なんか石を投げてるばっかりでつまらない……ダンジョンに行ったら変わるのかもなんて思ったけどどっち道巴術も上げないといけないのかーって事で巴術士を始めたらそれが楽しくなってしまいました。巴術士の時点ではDPSなんですけどね。

 

ペットのカーバンクルが可愛いんですよ!可愛いだけじゃなくて適時移動したりとかっていうのが楽しい。

 

そんなわけでタンクを試してみる事無く、学者への道を歩み出したちぃ。

 

マッチング待ちしながらFATEと討伐手帳を続けていると数日中には学者に。

 

ヒーラーになって初めてのダンジョンは少し怖かったけどフェアリーちゃんがサポートしてくれるのでヒールも楽チン。

 

こんな感じだったらヒーラーも頑張れそう。何よりDPSにはなかった「味方を倒させない」という明確な目的があるというのがちぃには合っているよう。

 

ヒーラーになってマッチング速度が上がったという事もあってレベリングはあっという間に進んでいきました。

 

 

〜〜次回予告〜〜

 

新しいメインジョブの為にレベリングを進めるちぃ。

そこで新しい目標を見つけてしまいます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜


コメント
コメントする