プロフィール

Author:チスイ

ハイデリンに住む多キャラ使い!
色々な姿で世界を駆け回ります。

 

おすすめコンテンツ FF14ライフ.png

エオルゼアデーターズ.png

イベントレポート.png

創作レポート.png

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

 

職人の冒険録の更新はツイッターをフォロー頂けると確認頂けます! ツイッターフォローはこちら

 

チスイの別ブログ

 

当ブログ内の文章、画像の無断転載はおやめ下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

回顧録0.5章 〜何故エオルゼアなのか〜

持て余してしまったハイスペックPCとオンラインゲームへの渇望を胸に彷徨う事になったちぃ。

 

では何故行きついた先がエオルゼアだったのか。

 

そこには大きく分けて3つの要素があった。

 

1.MMORPG

これは白騎士物語での経験が色濃く反映されている。

白騎士物語はライブパート(オンラインモード)はどちらかというとMORPGでフィールドと言える場所はない。しかしストーリーモード(オフラインモード)で歩きまわれるフィールドのそれはとてもオンラインモードとはまた違って楽しかった。

クエストに行くばかりでオンラインゲームではない。のんびりまったりフレンドさんとお喋り、それもまたオンラインゲームの楽しみ方でちぃもそれが楽しかったというのがあった。

 

2.クラフト要素がある(ただし、クラフト要素だけはNG

これはトロフィー集めの影響から来ている要素だった。

何かを集める仮定は楽しく、最終的に結果が伴うとそれが達成感に繋がり尚楽しめる。トロフィー集めはまさにそれを形にした物だとちぃは思っていた。

ただクラフト要素が全面に押しだされるタイプの生活系と言われるジャンルは候補から外した。それなら今まで通りオフラインで楽しめばいいと思ってしまったからである。

 

3.月額課金制

一気に現実に引き戻されるような話であるが、ちぃはこれもかなり重要視していた。

オンラインゲームとは切っても切り離せない「課金」

最近こそオフラインのゲームでも後から追加パックを販売したりアイテム販売したりとあるが基本的には買い切り。買ってしまえばそれ以上お金が発生しない。

その環境でゲームを長くプレイしてきたちぃには「ガチャ」という文化に抵抗があった。

一つのアイテムを取る為に何万円もつぎ込み、それで出るかも分からない。そして当然と言えば当然であるが、そういうアイテムが一番強く、そして早いペースで更新される。

それが悪いとは断じて言わない。ただちぃに合わないだけである。

そうなるとちぃに合うのは「月額課金制」で、別途買えるアイテムがあるにしてもその必要性は限りなく低い物にある。

 

 

この三つの基準でいくつかのゲームを見ていた時、職場の同僚がとある動画を見ていた。アレキサンダー起動零式編の攻略動画(もちろんそれがそうだと知ったのは後の話)。

そこで聞いてみる「FF14どう?」と

答えははっきりしていた「決して勧めない」と。

それはもうはっきりと言われた。

 

これは白騎士物語と同じ流れだ!

白騎士物語も色々と酷評されている。

それでもボクをあれだけ楽しませてくれた。

 

それならもしかして…………

 

運良くというべきか少し調べてみるとちぃの三つの基準にも当てはまる。示し合わせたように。

 

さらにそこで無料で14日間遊べるフリートライアルがある事も知る。

それならばやってみれば話が早い。

合わなければそれまで。

 

 

それくらいの軽い気持ちでフリートライアルを登録。

 

こうしてちぃはエオルゼアの地に降り立った。


コメント
コメントする